ニキビは青春のシンボルなどとも言われますが、10代のニキビは成人とともに消滅するものですから、きちんと清潔に肌を保つ努力で消えていくものです。

青春が過ぎてしまってからのニキビは、なかなか消滅してくれませんから、中には炎症が悪化してしまって色素沈着する可能性もあります。

たとえ青春のシンボルでも、大人ニキビと呼ばれる厄介なものでも、肌に残るニキビは排除したくなりますよね。
なぜ色素が沈着するのか、ちょっと調べてみましょう。

炎症の大きいニキビは色素沈着する可能性があります

炎症が大きい場合は赤く腫れあがってしまい、さらに炎症が進むことで中に膿が溜まって白色や黄色になって、すっかり化膿した状態になる場合があります。

このような状態では、肌へのダメージはとても大きくなります。
そうすると、肌を守ろうとして「メラニン」が分泌されます。

普通の状態であれば、肌のターンオーバーによって肌の外に排出されてしまうものです。
しかし、分泌量が多かったり、真皮などがダメージを受けて深い部分にメラニンが生成されてしまことで、肌内部に残って茶色のシミのようになるのです。

このニキビ跡の色素沈着は、2つのタイプに分かれています。
茶色い色素沈着と、赤黒い色素沈着があって、2つの原因は少し違っています。

茶色い色素沈着の場合

ニキビ跡が茶色く残った場合は、炎症の際に発生する活性酸素が原因です。
活性酸素には物質同士をくっつける作用があって、ニキビができる段階で、皮脂と酸素をくっつけて酸化させ、過酸化脂質を作ってしまい炎症を起こすのです。
肌は、炎症を起すことで防御策として活性酸素を増やし、皮膚を守るために大量のメラニン色素が生成されてしまいます。
肌を守ろうとした結果なのですが、ありがたくない茶色のニキビ跡が残りやすくなるわけです。

赤黒い色素沈着

血液中の赤血球に含まれる、ヘモグロビンの影響による色素沈着です。
ニキビの炎症や化膿で、真皮の毛細血管が破裂して出血し、真皮に血液中のヘモグロビンの色素タンパク質が沈着することで、シミが赤黒くなります。

ヘモグロビンに存在する鉄が、酸素と結合して赤くなるのです。
酸素と切り離すと紫色に変化しますから、色素沈着し始めは紫色をしていますが、やがて赤黒い糸状になって肌に残ってしまいます。

色素沈着を予防するためには?

色素沈着してしまったニキビ跡の始末に悩む前に、早めに処置して綺麗な肌を保ちましょう。
ニキビは、生活習慣や食生活など多忙な日々を送っている場合にできてしまうことが多いものです。
ニキビ跡の色素沈着に悩むのは嫌ですから、まずは予防策として、ニキビの発生に気をつけて常に肌を綺麗にしていましょう。
もし、ニキビができてしまったなら、なるべく刺激を与えないよう気をつけます。

気になって触ったり、ニキビの周りを擦ったり、綺麗にしようとして強く洗顔したりはしないことです。
刺激することで、悪い影響が強く出てきます。
ニキビは刺激することで大きくなったり炎症が激しくなったりしますから、茶色や赤黒く変色して肌に残る可能性は高くなります。

色素沈着が酷い場合は専門クリニックへ

いろいろとニキビケアをしても完治せず、酷い炎症を起して色素沈着してしまった場合は、自己流で治そうとすると間違った方法をとり易くなります。
間違った治療法(市販のニキビ治療薬や、色素沈着を改善する塗り薬など)を試す前に、早めに専門クリニックを受診することが色素沈着を悪化させない最良の方法です。

医療機関(皮膚科)では、症状に合わせて治療してくれます。

凹凸したニキビ跡には、コラーゲンを促す治療としてのピーリングやコラーゲン注入などを行なって改善することができます。
色素沈着してしまったニキビ跡には、色味を薄くする治療や、病院処方の美白剤などで治療することもできます。

光・高周波使用という治療では、特殊な光を症状に応じて設定し、メラニン色素の細胞のみに反応させる方法や、肌にレーザー照射して小さな穴を開け、皮膚へのダメージを極力抑えながら真皮層のコラーゲンを増加させることでニキビ跡を内側から改善するレーザー治療など、最新の治療法もあります。

専門の病院での治療法は、その人の身体や肌に合った治療方法を色々選ぶことができるのですから、ニキビが酷くなる前に早めにクリニックで治療することをおススメします。