ニキビ跡ができてしまった場合、カヴァーする方法は正しく行いましょう。
普通のニキビは、肌のターンオーバーによって自然と薄れていくものです。

でも肌の再生には時間がかかりますから、その間ニキビ跡が目立たないようにメイクしてごまかさなければなりません。
ニキビ跡を、メイクによって効果的に隠すテクニックはあります。

でも、そのメイクテクニックが間違っている場合、逆効果でニキビ跡の悪化も考えらられます。
肌には負担を掛けずに、ニキビ跡を隠せるメイク法をお教えします。

ニキビ跡を隠すメイク用品の選び方

ニキビ跡を綺麗に隠すためには、「ファンデーションやコンシーラー、化粧下地」等があります。
隠してしまいたいニキビ跡の状態や、肌質、そして自分のメイクの技量も関係してきます。

綺麗に隠すために「カヴァー力の高いファンデーション」を選定しがちですが、「カヴァー力の高さは、肌への負担も高い」ということをしっかりと考えてから選んでください。

特にニキビ跡のケアには、肌への負担はできる限り小さくすることが肝心なのです。
厚塗りはもちろん好ましくありませんし、メイクに掛かる時間も長くなっては負担が増します。

厚塗りを避けるためには、ファンデーションを重ねるのではなく、コンシーラーを部分的に併用することをおススメします。
コンシーラーは、カヴァー力の高いスティックタイプがよいでしょう。

厚塗りを極力避けるためには、コンシーラーはカラーコントロール効果のあるものを選びます。
ニキビ跡を軽くぼかす効果がありますから、重ねるファンデーションの厚塗りを防ぐことができます。

赤いニキビ跡を隠すメイク方法

ニキビ跡の色合いでは、赤みのあるものはとても目だって気になるものです。
この赤みをなんとか目立たなくする為には、反対色・補色になるグリーン系のカラーを使用します。

学生時代に活躍した暗記作業で、赤字に緑のフィルムを重ねると赤字だけが見えなくなるという効果を、メイクにも利用する訳です。
赤みのあるニキビ跡に、グリーン系の化粧下地やコンシーラーを重ねて目立たなくさせようというものです。

グリーンカラーではうまく隠せないという場合は、自分の肌の元々の色合いとニキビ跡の色味を考え合わせて、パープルやブルーなどの化粧下地も試して見てください。

いろいろなものを購入したり、使用がめんどうな場合には、イエローカラーでもある程度の効果は期待できます。
赤みが薄い場合にはイエローでもある程度隠せますから、補色効果を狙わずに上から覆う方法で試してみましょう。
イエローカラーの場合は、下地化粧品よりもコンシーラーのほうが効果的です。

色素沈着したニキビ跡を隠すメイク方法

赤みが落ち着いてきて色素沈着してしまったニキビ跡は、茶や黒などの暗くて濃い色合いになっています。
こうした場合のメイクでは、カラーコントロールよりは上から覆うイメージで隠す方法が効果を発揮します。
自分の肌より、ワントーン暗めのコンシーラーを使用しましょう。

コンシーラーには「リキッド・クリーム・ペンシル・スティック」などいろいろなタイプが揃っています。
テクスチャーが硬いものほどカヴー効果は高いので、ニキビ跡の色素沈着が濃い場合は「ペンシル・スティックタイプ」が良いでしょう。

自分の肌合いよりも暗めのカラーを選んで上から塗ることで、気になる部分をカヴーする効果が高くなります。
カヴーした部分が浮いてしまっても、普段のファンデよりワントーン暗めのファンデーションを重ね塗りすることで、目立たなくすることが期待できます。

さらに茶系の色素沈着なら、イエローカラーでぼかしたり目立たなくする方法もあります。
また頬のニキビ跡の場合は、チークを重ねることでほんのりふんわりと紛らわせることもできますよね。