鼻の穴の中に、毛が生えているかと思います。
いわゆる鼻毛ですが、これは男性にも女性にも生えているものです。
そして、毛穴にアクネ菌がたまってニキビが起こることがあると思います。

つまり、鼻の穴の中に、ニキビが生まれる場合があるのです。
にわかには信じられないように思われますが、ほかの部分と同じ毛穴である以上、ニキビが生まれる可能性もあるということです。

特に、鼻の穴の中は粘膜ですので、爪などでひっかくと簡単に出血し、鼻血が出ます。
同じように、そこの毛穴も敏感になっているため、雑菌が入ることでニキビが出ます。
しかし、敏感な分、一度生まれると非常に治りにくいニキビになる上に、再発もしやすくなってしまいます。

さらには、自分で見て確認するのも限度があるため、普通のニキビだと思ったら別の感染症や病気によるものだった、というケースもあります。

非常に厄介で、うっとうしい鼻の穴にできるニキビですが、今回はそれについて詳しくご紹介していきます。

なぜ、鼻の穴の中にニキビが生まれるのか

鼻の穴の中のニキビは、メカニズムとしてはほかの部分にできるニキビと同じく、毛穴にアクネ菌が入り込み、毛穴が炎症を起こすというものです。
ただ、アクネ菌が入り込む理由が、鼻の穴という場所ならではの理由なのです。

具体的には

  • 鼻毛を抜く
  • 鼻をほじる
  • 鼻をかみすぎる

の3つです。

前述したように、鼻の穴は粘膜ですので、刺激の強い行動をするとその分痛いダメージになります。
これらについて詳しく見ていきます。

・鼻毛を抜く

女性よりも男性に多いと思いますが、鼻毛を剃るのではなく、ピンセットなどで抜いて処理をするという方は、ニキビが生まれやすい環境になっているはずです。
鼻毛を抜くと、毛穴と同時にその周辺の組織にもダメージとなりますので、そこに雑菌が入り込むと簡単に増殖していきます。

粘膜の強さには個人差がありますが、できるだけ抜かずに、カットするのがおすすめです。
普通のはさみだと、はさみに雑菌がついていてそれが鼻の穴につく可能性がありますので、できれば専用のカッターなどで処理をするのがベストです。

・鼻をほじる

粘膜に雑菌がつくことは絶対に避けるべきことですが、雑菌がふんだんについている指で、鼻をほじることは非常に危険なことです。
日常的に頻繁に触るスマホ、パソコンのキーボードといった部分は、トイレの便座の数千倍もの雑菌がいるとされています。
その指が入るだけでも危険ですが、爪でひっかくと傷ができるのと雑菌が入り込むのが同時になり、簡単にニキビなどのトラブルになります。

鼻をほじるのはお風呂の時にお湯で流すように、軽く指でなぞるぐらいにするのがおすすめです。
どうしてもお風呂以外の時に気になったら、清潔な綿棒などで軽くとる程度にしてください。

・鼻をかみすぎる

風や花粉症などで、鼻水が止まらない、鼻炎で悩むという方は多いと思います。
何回も鼻をかむと、粘膜が荒れていき、炎症が起きやすい状態になります。
荒れた粘膜に雑菌が入ると、同じようにニキビの原因になります。
また、鼻水にも雑菌が含まれている可能性があり、かみすぎることで粘膜が荒れるのと同時に鼻水も生まれ、悪循環に陥る可能性があります。

点鼻薬などを使って、できるだけかまないようにしてください。
耳鼻科を受診して、鼻炎を治す措置をするのも有効です。

もし鼻の穴の中にニキビができたら

もし万が一、鼻の穴の中にニキビができたら、まず絶対に刺激をしないでください。
粘膜である分、ターンオーバーも早く、トラブルが起きたら体はいち早く対処しようと手を尽くします。
ほかの部分よりも早めに治ることが多いので、何もしなくても大丈夫です。
むしろ、何もしないことが一番確実な治療になります。
ほかの場所ににニキビができたらとりあえずつぶす、という方もいるかもしれませんが、鼻の穴の中に関しては絶対にやめてください。

もともと、鼻の穴の中には軟膏やクリームは使えません。
粘膜であり、皮膚ではないため、ニキビに塗ったとしても体内に直接入り込み、ほぼ意味がありません。
薬の注意書きにも粘膜部分には使用しないように書かれているはずです。
何も使用しないで、じっと待つことが一番の治療になります。

マスクを使ったり、偏った食生活をしないことで、予防をする

通常のニキビと同じですので、鼻の穴の中のニキビも、偏った食生活などによってできるものです。
通常のニキビを予防することにもつながりますので、偏った食生活をやめて、バランスのいい食事を心がけ、睡眠もきちんととるのがおすすめです。
ビタミンBやCを多く含む野菜をとると、とても良いニキビ予防になります。

また、マスクを使って乾燥を防ぐのも有効です。
空気の通り道ですので、乾燥を防ぐことで粘膜に潤いが保たれ、雑菌からも十分守られていきます。

風邪予防、ニキビ予防をきちんとすることが、鼻の穴の中のニキビの予防にもつながります。