ニキビは夏に悪化しやすい、という認識が一般的ですが、大人の方のニキビは冬場こそ悪化しやすい時期です。
夏のスキンケアにばかり力を入れて、冬場がおろそかになりがちなうえ、冬場ならではの原因で、お肌にダメージが与えられていきます。

ここで、冬場にニキビが増え、悪化することを防ぐために、おすすめしたいニキビケアをいくつかご紹介していきます。
大人ニキビは、思春期のニキビと違って自然に収まるものではありません、万が一できたら、その都度治療をしていくことと、万が一にもできないように普段からしっかりと対策をすることが何よりも大切です。

乾燥が一番の敵

まず最初に触れておきたいのが、やはり冬場の乾燥です。
冬といえば乾燥というぐらい、代表的な原因ですが、なぜ乾燥が大人ニキビに大敵かというと、水分が失われやすいためです。

お肌の水分は、加齢によって徐々に減っていきます。水分量を維持するべく、あらゆる手を使って保湿をしなければなりません。
そういったところで、冬という季節が追い打ちをかけますので、一層入念な保湿が大切になるのです。

もともと、思春期のニキビではない大人のニキビの発生原因は、角質層の水分が低下するために起きます。
角質層にはセラミドやNMFといった、細胞間脂質が含まれており、これらと水分とが何重にも組み合ってラメラ構造を作ります。

しかし、冬場の乾燥により、たとえ表面がうるおっていても角質層の内部が乾燥してしまい、バリア機能が低下することがあります。
これがいわゆる「インナードライ」という状態です。

表面が潤っているように見えても、内部では乾燥しており、当然のごとく角質が乾き、角栓となるのです。

とにかく徹底的に保湿をすること

とにかく、表面の下の角質層まで、水分量を維持し続けることが、予防と改善に効く唯一の手段です。
角質層に含まれる水分量は、およそ15%から20%ほどが最適で、10%を切るあたりからバリア機能が低下し、崩れていきます。

おすすめのケアとしては、具体的に1日に3回から4回は、洗顔や入浴後なども含めて、お肌の保湿をしてください。
そしてもう一つ、皮脂が多くて脂っぽいとごしごしとこすって油を落としたくなりますが、それをぐっとこらえて、優しく洗顔するだけにとどめてください。
お肌の皮脂は、お肌が自らを守るために分泌する唯一の方法ですので、これを落とすとかえって大量の皮脂を分泌させることになり、どんどんダメージが蓄積されていきます。

過剰に洗顔をすることでバリアに傷をつけていくことになるため、決して、洗いすぎるのだけはやめてください。
また、頻繁に顔を触るのも、雑菌が入る原因になりますので、おすすめできません。

冷え性もニキビの悪化の原因に

基本的に、ニキビはお肌表面のことが原因ですが、偏った食生活になると皮脂が増えて、ニキビができやすくなるということもご存知かと思います。
つまり、体の内面が原因で、ニキビが生まれることもあります。

その一例に、冷え性がニキビを悪化させるということがあります。
東洋医学で有名なのが、血液が滞留することで老廃物が体にとどまり、それが吹き出物、皮膚炎といったトラブルを引き起こすというものです。

いわゆる、血行不良がニキビの原因になるというものです。
冷え=血行不良という可能性が高いため、ニキビが起きるということです。

老廃物が上手く排出されないと、お肌の中にとどまってしまい、それがニキビのもとになります。
しっかり排出されるように、血行を良くしていきましょう。

ホルモンバランスの乱れにも注意

また、ホルモンバランスの乱れもニキビの原因になります。
ホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンが優位になると皮脂の分泌が多くなってニキビが出やすくなる環境になります。

男性ホルモンは、角栓の促進や、肌バリア機能の低下など、女性のお肌にとって大敵ともいえる効果がいくつもあるため、ホルモンバランスの乱れには細心の注意が必要です。

お肌のこと以外にも、女性にとって様々な悪影響がありますので、ストレスなどに特に注意しましょう。
体を芯から温めて、血行を良くしていくことで、ホルモンバランスも整い、健康になっていきます。

保湿ケアをして、体を十分に温めることが大切

保湿と血行を改善することが、お肌の健康に最も役立ちます。
逆に言えば、冬場にこの二つをやらないと、お肌のバリアがどんどん削られていき、一気に不健康な状態になります。

冷え性の方は、冬場は特につらいと思います。
ホルモンバランスが崩れやすい季節なので、ニキビが増えやすい時期として憂鬱な気分になっているかもしれません。

毎日シャワーで済まさずにしっかりと湯船につかる、睡眠時の室温などにも気を配るなどをすると、改善に向かっていくはずです。
いきなり治るということはありませんので、時間はかかりますが、あきらめないで対策を続けてみてください。